【全品5%OFF】開催中

バルデナフィルは、レビドラに含まれる成分で勃起不全の治療に使われます。
特徴は勃起力の持続や勃起不全の治療に使われるので、これを性行為の前に服用することで性生活を満足できるものにできるのがメリットです。
レビトラ錠をはじめそのジェネリック医薬品に含まれる成分がバルデナフィル塩酸塩です。

バルデナフィル

・通常は1日一回性行為の1時間ほど前に10mgを服用する。
・十分な効果を得ることができない場合は、2倍の20mgに増量して服用することが可能です。
※ただし、服用間隔は必ず24時間以上とすること。

・高齢者の場合には5mgから投与を始めることが推奨されており、中等度の肝障害がある人も同様に5mgからのスタートとなります。
・高齢者と肝障害がある人は、最高で10mgまでとする

【その他】
頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり
めまい、血圧の変動、動悸、頻脈
視覚異常、彩視症、光視症..まぶしい、かすむ、青くみえる

【重い副作用】
硝酸薬との併用による急激な血圧低下
持続勃起症(プリアピズム)..4時間以上痛みを伴う勃起が続く(すぐ受診)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失

重い心臓病や脳卒中などがあり、性行為そのものが危険と判断される場合は使用できません。
極度の低血圧やコントロール不充分な高血圧の人も使用できないことがあります。
このような場合、性行為自体が心臓や脳血管に負担になるうえ、この薬の心血管系に及ぼす影響でさらに危険性が増大するためです。

【使用に適さないケース】
・重い心臓病や脳卒中、ひどい低血圧、管理されていない高血圧、重い肝臓病、重い腎臓病、目の網膜の病気(網膜色素変性症)。
・もし、勃起が4時間以上続く場合は、すぐに受診してください。
・服用後、一時的に視野がかすんだり、物の色が異常に見えることがあります。
・めまいを起こすこともあり、車の運転や高所での危険作業には十分注意してください。

【飲み合わせ・食べ合わせについて・・・】
・狭心症や心不全の治療に使う硝酸薬、いわゆる「ニトロ」と呼ばれる薬と併用してはいけません。併用により急激に血圧が下がることがあり、非常に危険です。
・硝酸薬には飲み薬のほか、貼り薬(テープ)や口内スプレー、注射剤などさまざまなタイプがありますので注意が必要です。
・抗真菌薬のイトラコナゾール(イトリゾール)、一部の抗不整脈薬や抗ウイルス薬なども禁止されています。
・α遮断薬に分類される降圧薬や排尿障害治療薬を飲んでいる場合は、服用間隔に留意するとともに、低用量から開始するなど慎重に用いる必要があります。

【飲み合わせの悪い薬】
ニトログリセリン(ニトロペン、その他)、硝酸イソソルビド(ニトロール、その他)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)、リオシグアト(アデムパス)、イトラコナゾール(イトリゾール)、クラスIA・Ⅲ抗不整脈薬(アミサリン、リスモダンシベノール、アンカロン、ソタコール等)、テラプレビル(テラビック)、リトナビル(ノービア)、インジナビル(クリキシバン)、アタザナビル(レイアタッツ)、サキナビル(インビラーゼ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ロピナビル・リトナビル(カレトラ)、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル(ヴィキラックス)、ダルナビル(プリジスタ)、コビシスタット(スタリビルド)。 【飲み合わせに注意】
α遮断薬(バソメット、ハルナール等)、マクロライド系抗生物質(エリスロシン、クラリス、クラリシッド等)、リファンピシン(リファジン)、フェノバルビタール(フェノバール)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、カルバマゼピン(テグレトール)など

(Pensa)バルデナフィル10mg/20mg

レビトラ系

クチコミを見る(0件)

平均評価: 0 (0)

勃起不全の治療に使われるお薬です。
これを性行為の前に服用することで勃起の持続力改善等に期待できます。

¥ 4,275


¥ 11,400


¥ 18,050


¥ 22,610


¥ 5,300 ¥ 4,845


¥ 13,500 ¥ 12,350


¥ 19,500 ¥ 17,765


¥ 25,900 ¥ 23,750


製品名 (Pensa) Vardenafil
製造元 toLife Pensa
分類 ED(勃起不全)治療医薬品
内容量 4錠/箱
関連商品 タダラフィル5mg
Sidena 50mg/100mg
バリマックス
関連薬 (Accord)バルデナフィル20mg
発送国 シンガポール