ゾロフト50mgの個人輸入代行はo105.biz

ゾロフト50mg

セロトニン系の神経にだけ働く抗うつ薬です。不眠症や気分の落ち込み、摂食障害などの治療に使用されています。
ゾロフト 50mg
  • ゾロフト50mg
  • ゾロフト50mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Zoloft 50mg
製造元 pfizer
分類 抗うつ薬
内容量 30錠/箱(香港)
30錠/シート(タイ)※(箱無しシートのみの小分け発送)
ジェネリック薬 セルティマ100mg

ページトップ

ゾロフト50mg 効果・効能

ゾロフト50mgはセロトニン系の抗うつ薬で、神経に狙って働きかけるお薬です。
特に不眠症、気分の落ち込み、さらには摂食障害といった症状にも効果を発揮します。

ゾロフト50mgは基本的には向精神薬であり、国内ではジェイゾロフトという名前で使用されています。
日本以外にも世界50ヶ国近い国で使用されている、ポピュラーな薬です。

成分である塩酸セルトラリンは、『選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)』としてセロトニン系の神経にだけ働きます。
脳内に存在するセロトニン再取り込み機構を阻害し、その結果、抗うつや抗不安作用に効果を発揮するお薬です。
不眠症や摂食障害への効果は、精神的な落ち込みを解消することで、副次的に現れます。

また、ゾロフト50mgは副作用が軽減されたこともポイントです。
向精神薬全般には、口の乾き、便秘といった副作用が多く報告されていましたが、それが軽減されている一方、効果はしっかりあります。

ゾロフト50mg 用法用量

ゾロフト50mgは成人1日25mgから服用します。
症状に応じて1日100mgまでの増量が可能です。増量は徐々に行います。

増量や中止する際には、必ず医師の診断を仰ぎましょう。
急に服用を中止すると、不安や焦燥、めまい、頭痛が現れる事がありますので注意が必要です。

ゾロフト50mg 副作用

ゾロフト50mgの主な副作用としては、めまいや吐き気、眠気、口の渇きなどがあります。
ただ、他の薬より副作用が出にくく、症状も軽いので安心です。

服用することによって眠くなったり、めまいがする事がありますので、特に車の運転や複雑な作業などは避けるようにします。

ゾロフト50mg ご注意

ゾロフト50mgは飲酒によって薬の作用が強くなる事がありますので、飲酒は控えましょう。
また、セイヨウオトギリソウ(セントジョンズワート)を含む健康食品はセロトニン作用が増強される事がありますので、一緒に摂取しないでください。
気分や体調の変化に気が付いた場合は必ず医師にご相談ください。

ゾロフト50mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード