ゼット20mgの個人輸入代行はo105.biz

ゼット20mg

パキシル錠のジェネリック医薬品です。うつ症状の緩和の他、摂食障害やパニック障害といった様々な精神病の治療に用いられます。
ゼット20mg
  • ゼット20mg
  • ゼット20mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Xet 20mg
製造元 Zydus Neurosciences
分類 抗うつ薬
内容量 10錠/シート
関連薬 デパス / エチラーム

ページトップ

ゼット(Xet)20mg 効果・効能

ゼット20mgは、パキシル錠のジェネリック医薬品です。
効果は同じでありながら、治療費を大幅に節約することができます。

ゼット20mgはうつ症状の緩和はもちろんのこと、精神的な要因からくる摂食障害、あるいはパニック障害などの精神系の症状に広く適用されている薬です。
日本では医師の処方が必要な要指示薬に指定されています。

ゼット(Xet)20mg 用法

ゼット20mgの用法・用量dすが、初めて使う際には上限を20mgまでとします。
そして、効果がしっかりと出るまで、徐々に量を増やしていきます。
目安は1週間ごと、量は10mgずつ増量していきます。
急に増量するのではなく、徐々に量を増やしていくことが大切です。

また、成人の場合、上限量は50mgまでです。
効果がしっかりある分、医師と相談したうえで量を決める必要があります。

飲み始めや増量時は精神が不安定になる場合がありますので、付き添いや家族などは注視する必要があります。

ゼット(Xet)20mg 副作用

ゼット20mgの副作用は、比較的軽いとされています。
ただ、他の一般的な抗うつ薬と同じように、便秘や吐き気といった軽い副作用がこれまでに報告されています。

また、神経過敏や不安感に襲われるなどの精神変調が少例ではありますが報告されおります。

服用後に違和感や異常を感じた場合は、必ず医師にご相談ください。

ゼット(Xet)20mg ご注意

ゼット20mgは必ず医師にご相談の上、用法用量を守って服用を行ってください。
パーキンソン病の治療に用いるセレギリン(エフピー)、安定薬のピモジド(オーラップ)との併用は禁止されています。
その他、現在および最近まで服用していた薬がある場合は、必ず医師にご相談下さい。
若年(7〜24歳)のうつ病を対象とした解析においては、あまりよい結果がでていません。
持病のある方やアレルギーのある方は必ず医師に伝えましょう。病状が悪化する恐れがあります。

ゼット20mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード