スタブロンの個人輸入代行o105.biz

スタブロン

スタブロンは、眠気や体重増加などの副作用がない、新しいタイプのうつ病治療薬です。
選択的セロトニン再取込み促進剤(SSRE)と呼ばれる薬で、日本では未認可のため個人輸入で入手することができます。
スタブロン12.5mg
  • スタブロン
  • スタブロン
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Stablon12.5mg
製造元 Serdia Pharmaceuticals
分類 抗うつ薬 / 抗不安薬・不眠症
内容量 60錠 / 箱

ページトップ

スタブロン(抗うつ剤)の特徴

スタブロンは抗うつ剤に多くみられる眠気や体重増加などの副作用がない、新しいタイプのうつ病治療薬です。そのため世界的にも注目されています。

うつ病の治療薬として多く使われている『選択的セロトニン再取込み阻害剤(SSRI)』はセロトニンの吸収を阻害することで症状を改善してくれますが、スタブロンは全く逆の作用でうつ病を改善してくれる『選択的セロトニン再取込み促進剤(SSRE)』です。

スタブロンの有効成分チアネプチンは今までとは全く違ったアプローチでうつ病を改善し、SSRI服用時に一般的に言われる副作用『眠気・体重増加』がないと言うことが研究によって明らかになっています。
また、勃起障害に対しても有効との報告があり、勃起障害の改善、セックス能力の向上がみられます。

うつ病の治療は投薬と十分な休養がメインとなります。
精神系の薬に抵抗のある方も多いでしょうが、正しい治療を行うことにより症状を改善するこのできる病気です。また、放っておくと症状が悪化し、回復にも時間がかかってしまいます。うつ病の治療は少なくとも3ヶ月はかかると言われています。
できるだけ軽度な症状の時に適切な治療を受けることが大切です。

スタブロン(抗うつ剤)の用法用量

症状によって、適した用量は異なります。
通常、成人の場合、1日2〜3回各1錠(12.5mg)を服用します。
飲み忘れても2回分の量を一度に服用してはいけません。

スタブロン(抗うつ剤)の副作用

スタブロンの副作用としては、胃痛、腹痛、口の渇き、食欲不振、膨満感、悪心、吐気、不眠、眠気、悪夢、頻脈、期外収縮、前胸部痛、眩暈、頭痛、脱力感、震え、呼吸困難、筋肉痛、気管の閉塞感、腰痛報告されています。

副作用が強い場合や違和感などを感じた場合は、医師にご相談ください。

スタブロン(抗うつ剤)のご注意

妊娠中や授乳中の方は必ず医師に相談してから服用します。
また、現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談してください。
人によってはスタブロンを服用した後にめまいなどの症状が出ることもあるために、スタブロンを服用した後に車の運転をする場合には十分に注意する必要があります。

スタブロンの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード