エスシタロプラム20mgの個人輸入代行o105.biz

エスシタロプラム20mg

エスシタロプラム20mgは進化版SSRIとされる抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックです。SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)系の抗うつ剤で、うつ病や不安、パニック障害、社会不安障害などに効果的です。
エスシタロプラム20mg
  • エスシタロプラム20mg
  • エスシタロプラム20mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 S-Citadep20mg
製造元 Cipla Ltd.
分類 抗うつ薬
内容量 100錠 / 箱
先発薬 レクサプロ10mg
関連薬 シタロプラム40mg / エチラームS
同成分 レクサプロジェネリック(シトレス)20mg

ページトップ

エスシタロプラム20mgの特徴

エスシタロプラム20mgは、エスシタロプラムを主成分とする抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリック医薬品です。
後発薬のため低価格ですが、効果はレクサプロと同等なため人気のある薬です。

うつ病や不安、パニック障害、社会不安障害などに用いられます。
必ずしもうつ病ではなくとも強いストレスや悲しみ・落胆などの強い感情が引き金となったり、あるいは使用している薬剤の影響で急な落ち込みや不眠などのうつ症状が出ることがありますが、その場合にもレクサプロジェネリックは効果を発揮します。

エスシタロプラム20mgは、SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)系の抗うつ剤で、抗うつ作用に影響のあるセロトニン受容体にのみ結合するので効率よく反応でき、少量でも高い効果を得ることができます。
従来のSSRIと比べると更に作用が強化されており、効果があらわれる時間も早くなっているのが特徴です。

それでいて副作用は少ないので、安全に早期に効果を得られるとして注目されています。
また、うつ病の再発防止にも効果を発揮します。

エスシタロプラム20mgの用法

通常成人は1日1回、夕食後にエスシタロプラムとして10mgを服用します。
年齢や症状により適宜増減しますが、1日の最高量は20mgを超えないこととし、増薬は1週間以上間隔をあけて行います。

エスシタロプラム20mgの副作用

エスシタロプラム20mgの副作用としては頭痛やめまい、不眠、吐き気、渇き、倦怠感や睡魔、下痢、性欲減少などの症状が報告されています。
まれに痙攣やセロトニン症候群、心室頻拍などの重篤な症状が現れることがあり、そのような場合にはただちに服用を中止し、医師に相談する必要があります。

その他、異常や違和感を感じた場合や副作用が重い場合には、必ず医師の診察を受けましょう。

エスシタロプラム20mgのご注意

アルコールとの併用は避けます。
現在通院や服用中の薬のある方は、エスシタロプラム20mgを服用前に医師に相談しましょう。

24歳以下の患者に投与すると、自殺願望が助長され、自殺企図のリスクが増加することがあります。そのために、自殺願望が強い患者の場合は考慮する必要があります。

エスシタロプラム20mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード