リスドンプラスの個人輸入代行o105.biz

リスドンプラス3mg

リスドンプラスは統合失調症、睡眠障害、強迫性障害、抑うつ状態の緩和に処方される抗精神病薬です。安定剤のリスベリドン(リスパダール)と手足のふるえなどを抑えてくれるトリヘキシフェニジル(アーテン)の混合薬です。
リスドンプラス3mg
  • リスドンプラス3mg
  • リスドンプラス3mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Risdone Plus 3mg
製造元 DD Pharmaceuticals Pvt.Ltd.
分類 抗精神病薬 / 抗うつ薬
内容量 140錠/1箱
関連薬 リスパダール錠 / リスドンプラス / プロザック20mg / ゾロフト 50mg

ページトップ

リスドンプラス3mgの特徴

リスドンプラスは統合失調症、睡眠障害、強迫性障害、抑うつ状態の緩和に処方される抗精神病薬です。
安定剤のリスベリドンと手足のふるえなどを抑えてくれるトリヘキシフェニジルの混合薬です。

リスベリドンはリスパダール錠と同成分で、気持ちの高ぶりや不安感などの精神の不安定な状態を抑えてくれます。
そのため統合失調症に限らず、睡眠障害、強迫性障害、抑うつ状態の緩和など、様々な精神症状に用いられます。

100人に1人がかかると言われている統合失調症は、脳内の情報伝達がうまくいかなくなる病気です。
思考や感情のコントロールが不安定になったり、現実の認識があやふやになったりします。
その他にも、幻聴や幻覚、自閉、意欲の低下などが生じる場合もあります。

リスドンプラスに含まれるリスベリドンは、ドーパミンとセロトニンを遮断することで、脳内の情報伝達を改善してくれる作用があります。

もう一つの成分であるトリヘキシフェニジルは、アーテン錠と同成分です。
主にパーキンソン病に処方されています。
手のふるえや体のこわばりを改善してくれる作用もありますので、パーキンソン病以外の治療にも使用されることがあります。

リスドンプラスの成分

リスペリドン(Risperidone)3mg
トリヘキシフェニジル(Trihexyphenidyl)2mg

リスドンプラス3mgの用法用量

医師または薬剤師の指示の下、服用ください。

リスドンプラス3mgの副作用

眠気、注意力・集中力・運動能力の低減、倦怠感、口腔の渇きなどが報告されています。
飲み始めにたちくらみが起こることも多いようです。

副作用が重い場合やその他異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

リスドンプラス3mgのご注意

現在すでに他のお薬を服用中の方は、リスドンプラスを服用前に医師にご相談ください。
心臓、血管系の疾病を罹患している方、肝機能障害をもつ方、糖尿病の既往症のある方は特に注意が必要です。
成分に対しアレルギーをもっている方は服用できません。
副作用が重い場合やその他にも異常を感じた場合は、必ず医師にご相談ください。
開封後は直射日光を避け、お子様の手の届かない場所へ保管してください。
眠気やめまい、集中力の低下が起きることがありますので、車の運転や集中力のともなう作業、危険な作業などはお控えください。

リスドンプラス3mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード