レメロンジェネリック(レデプラ)の個人輸入代行o105.biz

レメロンジェネリック(レデプラ)

レメロンジェネリック(レデプラ)は不安や落ち込み、イライラの解消に効果がありますが、不眠にも効果があることから睡眠導入剤としても使用されます。
NaSSAという新しいカテゴリーに分類される四環系抗うつ薬です。
レメロンジェネリック(レデプラ)
  • レメロンジェネリック(レデプラ)
  • レメロンジェネリック(レデプラ)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Redepra15mg
製造元 Abbott
分類 抗うつ薬 / 抗不安薬・不眠症
内容量 28錠 / 箱

ページトップ

レメロンジェネリックの特徴

レメロンジェネリック(レデプラ)はうつ病やうつ状態の治療に用いられる、ミルタザピンを主成分とした医薬品です。
ジェネリック医薬品のため価格が抑えられており、非常に安価です。

レメロンジェネリックはNaSSAという新しいカテゴリーに分類される四環系抗うつ薬で、効果・特徴はノルアドレナリンとセロトニンを増やして神経の働きを良くすることで気分を和らげ、不安や落ち込み、イライラの解消に効果があります。
そのため通常はうつ病やうつ状態の治療に用いられますが、服用すると眠気を感じることがあり、不眠にも効果があることから睡眠導入剤としても使用されます。
効果は短期間で現れ、しかも持続性があります。

レメロンジェネリックの用法

レメロンジェネリックは、通常成人はミルタザピンとして1日1回就寝前に15mg〜30mgを服用します。
初期用量は15mgとし、年齢や症状に応じて1日45mgを超えない範囲で適宜増減します。
増薬する場合は15mgずつ行い、必ず1週間以上間隔をあけることとします。

レメロンジェネリックの副作用

レメロンジェネリックの主な副作用には頭痛やめまい、便秘や体重増加、眠気や倦怠感、渇きなどがあります。
まれにセロトニン症候群や肝機能障害、痙攣などの重篤な症状が出ることもありますが、その場合にはすぐに服用をやめ、医師の診察を受けましょう。

レメロンジェネリックのご注意

眠気やめまいが起きることがあるので、服用後は車の運転や危険を伴う作業は行わないようにします。
また、飲み合わせの悪い薬やサプリメントがあるので、服用しているものがあれば事前に医師に報告する必要があります。
服用に際しては自己判断で急にやめると反動で悪化することがあるので、必ず医師の指示に従って服用しましょう。

レメロンジェネリック(レデプラ)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード