オキセチン(プロザックジェネリック)の個人輸入代行o105.biz

オキセチン(プロザックジェネリック)

オキセチンは、プロザックのジェネリックです。SSRI抗うつ薬で、セロトニンを増加させ不安感を鎮めてうつ症状を緩和します。
日本では発売されていないため、個人輸入で入手することができます。
オキセチン20mg
  • オキセチン(プロザックジェネリック)
  • オキセチン(プロザックジェネリック)
クチコミ件数(1レビュー)
製品名 Oxetine20mg
製造元 Pharmaland Co.,Ltd
分類 抗うつ薬 / 抗不安薬・不眠症
内容量 100錠 / 箱
先発薬 プロザック20mg

ページトップ

オキセチン(プロザックジェネリック)の特徴

うつ病は脳のなかに分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することで起こるといわれています。そのセロトニンを補う抗うつ剤として1988年に発売されたのがプロザックです。

効果・特徴としては、セロトニンを増加させ不安感を鎮めてうつ症状を緩和します。
これはそれまでの抗うつ剤とは全く違ったところから病気にアプローチしたもので、発売された当初はそれまで悲観的にしか物事がとらえられなかった人がポジティブで快活な性格に変わった事から奇跡の薬とまで呼ばれたほどです。

抗うつ剤としてうつ病や不安症などの治療薬として世界中で使用されており、パニック障害や月経前症候群にも効果があります。

しかし日本では販売されておらず、かつ値段も高いので続けて服用するのが難しいという難点があります。そのプロザックジェネリックがオキセチンです。
ジェネリック品なので効果はプロザックと変わりませんが、研究開発費や特許料が値段に転化されていないのでより安い価格で販売されています。

うつ状態を改善しリラックスして楽しい気分になれる事から、多くの人の支持を集めている薬です。

プロザックはうつ病の70%の人に効果があると言われており、服用した人から絶大な支持を得ています。プロザックジェネリックのオキセチンも同じ効果が得られます。

オキセチン(プロザックジェネリック)の用法

オキセチン(プロザックジェネリック)は1日1錠を朝食の後に飲みます。

効果が現れるまで個人差があるため最低でも1週間〜2週間は服用を続ける必要があります。
2週間以上たっても効果が現れない場合は飲む量を2錠に増やします。

注意事項を守り自己判断で服用せず、用法用量を守る事が大切です。

オキセチン(プロザックジェネリック)の副作用

オキセチン(プロザックジェネリック)の副作用としては、服用してから2〜3日の間気分の落ち込みや無気力感を感じることがあります。
ほとんどの場合は1週間程度で回復しますが、重い副作用が現れた場合には医師に相談する必要があります。

オキセチン(プロザックジェネリック)のご注意

妊娠中や授乳中の方、18歳未満の方の服用できません。
また、現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談してください。

オキセチン(プロザックジェネリック)の口コミ(1件)【平均評価】5

評価:★★★★★

エチラームと併用しています。効果が出るのに時間がかかるとのことですが、期待をこめて。by ななぶんさん
◆ 口コミをもっと見る ◆
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード