レクサプロ10mgの個人輸入代行o105.biz

レクサプロ10mg

レクサプロ10mgはシタロプラムの進化版とされる抗うつ剤です。従来使用されていたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と比べると効果の出る時間が早いのが特徴です。
レクサプロ10mg
  • レクサプロ10mg
  • レクサプロ10mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Lexapro10mg
製造元 H.Lundbeck A/S
分類 抗うつ薬
内容量 28錠 / 箱
ジェネリック レクサプロジェネリック(シトレス)20mg / エスシタロプラム20mg
関連薬 シタロプラム40mg / エチラームS

ページトップ

レクサプロ10mgの特徴

レクサプロは2011年より国内で販売されている抗うつ剤です。
エスシタロプラムが有効成分のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。
従来のSSRIから更に改善されており、シタロプラムの進化版ともされる抗うつ剤です。

レクサプロの効果・特徴は、従来使用されていたパキシルなどの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と比べると、大幅にセロトニンの再取り込み阻害の選択性が高められていることです。
このセルトニンというのは、ノルアドレナリンやドーパミンと並んで、三大神経伝達物質と呼ばれるものの一つで、精神の安定に大きく関わっています。
したがって、セルトニンが減少すると、うつ病が発症しやすくなると言われています。

そこでレクサプロのようなセルトニンが減少することを防ぐ抗うつ剤を服用することで、うつ病の症状が出るのを抑えることができるのです。

レクサプロを服用すると、約1週間程度でその効果が現れ始めます。
他の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は効果が現れるまで2週間程度要しますので、その点でも改善されています。

レクサプロ10mgの用法

レクサプロ10mgの用法用量は、10mgを1日1回夕食後に服用し、一日の最高用量は20mgまでとされています。

服用を中止する場合は、急激でないかぎり、それほど離脱症状が出にくいと言われています。

レクサプロ10mgの副作用

レクサプロ10mgの副作用としては、吐気や傾眠、頭痛、口渇、めまい、下痢などがあります。しかし服用を続けていくと、吐き気などは収まっていく場合が多いようです。
その他にも異常や違和感を感じた場合や、副作用が重い場合には、医師の診察を受けましょう。

レクサプロ10mgのご注意

現在通院や服用中の薬のある方は、レクサプロを服用前に医師に相談しましょう。

24歳以下の患者に投与すると、自殺願望が助長され、自殺企図のリスクが増加することがあります。そのために、自殺願望が強い患者の場合は考慮する必要があります。

レクサプロ10mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード