ファベリン100mgの個人輸入代行o105.biz

ファベリン100mg

ファベリンはフルボキサミン配合の抗うつ剤で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のルボックスジェネリック薬です。
うつ病以外にも社会不安障害や摂食障害、強迫性障害などの治療薬として用いられます。
ファベリン100mg
  • ファベリン100mg
  • ファベリン100mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Faverin100mg
製造元 Abbott
分類 抗うつ薬
内容量 30錠 / 箱

ページトップ

ファベリン100mgの特徴

ファベリンは抗うつ剤として利用されているルボックスジェネリック薬です。
ルボックスが日本で承認を受けたのが1999年であり、それまで使用されていた三環系の抗うつ薬に比べて副作用が抑えめになっています。
ファベリンはそのルボックスの後発薬のため同等の効果が期待できますが、開発費がかかっていないため価格が抑えられているのが最大の特徴です。

ルボックスの成分であるフルボキサミンは、世界で初めて選択的セロトニン再取り込み阻害薬として発売されました。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)とは、セロトニンの再吸収を阻害することでうつなどの症状を改善する作用のある薬で、セロトニンのみに反応して、アセチルコリンなどの物質は阻害しないことから選択的と言われています。
このルボックスジェネリックとして発売されたのがファベリンであり、ルボックスと同様にフルボキサミンが成分となっています。

フルボキサミンには、気分の落ち込みや集中力が欠如してやる気が起きないといったうつの症状を改善するといった効果・特徴があります。
うつ病以外にも社会不安障害や摂食障害、強迫性障害などの治療薬として用いられています。

ファベリン100mgの用法

用法用量の目安は1日50rから最大摂取量は150rまでとなっており、使用量の増減については必ず医師などの指示を受けるようにしましょう。

抗うつ剤は再発を防止するため、ある程度の長期間の服用が必要となります。

ファベリン100mgの副作用

ファベリンを24歳未満で服用した場合には、自殺を考えるなどの症例も報告されている為、利用には十分な注意が必要です。
アルコールと合わせると副作用が出やすくなるため、飲酒は控えるようにします。
その他にも。服用後に違和感や異常、副作用が現れた場合には医師に相談しましょう。

ファベリン100mgのご注意

服用の際の注意事項として、肝臓病や腎臓病の疾患がある時には医師に相談してください。
また、その他にも現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談してください。

ファベリン100mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード