デプロキシンの個人輸入代行はo105.biz

デプロキシン

プロザックのジェネリック医薬品です。うつ病や強迫性障害、摂食障害の改善などに用いられます。
デプロキシン20mg
  • デプロキシン
  • デプロキシン
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Deproxin20mg
製造元 Siam
分類 抗不安薬・不眠症 / 抗うつ薬
内容量 30カプセル/箱
先発薬 プロザック

ページトップ

デプロキシン 効果・効能

デプロキシンは有名な抗うつ剤『プロザック20mg』のジェネリック医薬品です。
成分はプロザックと同じフルオキセチン20mgを含有していますが、後発薬のため価格が抑えられています。

フルオキセチンはうつ病や摂食障害(過食症・拒食症)、強迫性障害、パニック障害、などに有効な成分とされています。
現在世界中で多くの人が利用している大変人気のある抗うつ剤ですが、日本国内では未承認薬のため個人輸入のみでの購入が可能です。

デプロキシンは『選択的セレトニン再吸収抑止剤(SSRI)』に分類される抗うつ剤で、セロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴です。
そのため、それまでの抗うつ剤に比べると副作用が少なく、使用しやすくなりました。

デプロキシンはセロトニンを増加させる働きによって気分を楽にしてくれ、軽度のうつ病の方にも処方されています。抗うつ剤ですが、比較的依存症になりにくいと言われています。

デプロキシン 用法用量

毎朝1カプセル(20mg)を1日1回、経口服用します。
症状により量は増やせますが、1日の服用量が80mgを超えてはいけません。また、服用量が増えることによって副作用のリスクも増えますのでお気をつけ下さい。

服用を忘れてしまった場合は、忘れた分は服用しないでください。
翌日、通常通りの量を服用します。前日に服用していないからといって、量を増やしてはいけません。

デプロキシンのご使用前には医師の診察を受けてください。特に他の医薬品を使用中や、治療中の病気がある方は注意が必要です。

デプロキシン 副作用

デプロキシンの副作用には、眠気、腹痛、下痢、口の渇き、めまい、睡眠障害、奇妙な夢、発汗、視力変化などが報告されています。
また、他の抗うつ薬と同様、精力減退もデプロキシンの一般的な副作用です。

副作用は軽度のものが多く、ほとんどは時間経過とともに軽減されていきますが、軽減されない場合や異常を感じた場合には、医師にご相談ください。

デプロキシン ご注意

18歳未満の方や妊娠中および妊娠の可能性のある方は使用しないでください。
子どもの手の届かないところに保管し、開封後は直射日光の当たらない、涼しく多湿を避けた場所に保管しましょう。
腎臓、肝臓の機能不全のある方は、医師にご相談ください。

デプロキシンの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード