レクサプロジェネリック(シトレス)の個人輸入代行o105.biz

レクサプロジェネリック(シトレス)

シトレスは進化版SSRIとされる抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックです。うつ病・パニック障害・対人恐怖症などの精神的な不安要素を回復してくれます。
レクサプロジェネリック(シトレス)20mg
  • レクサプロジェネリック(シトレス)
  • レクサプロジェネリック(シトレス)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Citoles20mg
製造元 Abdi Ibrahim ilac San ve Tic A.S.
分類 抗うつ薬
内容量 28錠 / 箱
先発薬 レクサプロ10mg
関連薬 シタロプラム40mg / エチラームS
同成分 エスシタロプラム20mg

ページトップ

レクサプロジェネリックの特徴

抗うつ剤として、多くの人に現在服用されているレクサプロ。そのジェネリック薬品が、シトレスと呼ばれる薬品です。
レクサプロジェネリックのシトレスは、価格も本来のレクサプロと比べて安いため、金額に余裕が無い人でも服用することができ好評を集めています。

レクサプロジェネリック(シトレス)の効果・特徴として、うつ病・パニック障害・対人恐怖症などの精神的な不安要素を回復する点があります。

うつ病などの場合、無気力や不安感が大きな症状として挙げられます。それを解消することによって、日常生活をスムーズに送ることを目指します。

主成分のエスシタロプラムは、憂鬱や無気力な気分を解消に向かわせ、意欲を高める効能があります。脳内物質であるセロトニンの分泌を促進させ、不安感や恐怖感などを緩和し、気持ちを前向きにします。

レクサプロジェネリック(シトレス)は選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類される抗うつ剤ですが、従来のSSRIと比べると更に作用が強化されており、効果があらわれる時間も早くなっています。

レクサプロジェネリックの用法

10mgを1日1回夕食後に水やぬるま湯で服用します。一日の最高用量は20mgまでとされています。

レクサプロジェネリックの副作用

眠気やめまい、頭痛などの副作用が報告されることはありますが、とても稀な例です。
レクサプロよりも、レクサプロジェネリックであるシトレスの方が副作用の報告が少ないため、体に影響が少ない抗うつ剤として、最近多くの人が利用している傾向にあります。

異常や違和感を感じた場合や、副作用が重い場合には、医師の診察を受けましょう。

レクサプロジェネリックのご注意

必ず用量・用法をきちんと守りましょう。一気に飲み過ぎてしまったりすると、体の不調が起こる場合があります。
現在通院や服用中の薬のある方は、レクサプロジェネリック(シトレス)を服用前に医師に相談しましょう。

24歳以下の患者に投与すると、自殺願望が助長され、自殺企図のリスクが増加することがあります。そのために、自殺願望が強い患者の場合は考慮する必要があります。

レクサプロジェネリック(シトレス)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード