シプラムジェネリック(Citalopram)の個人輸入代行o105.biz

シプラムジェネリック(Citalopram)

SSRI抗うつ剤のシタロプラムは、うつ病の改善にはもちろん、パニック障害や対人恐怖症、不安障害などの改善にも役立てられているシプラムのジェネリック医薬品です。
シタロプラム40mg
  • シプラムジェネリック(Citalopram)
  • シプラムジェネリック(Citalopram)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Citalopram40mg
製造元 Mylan
分類 抗うつ薬 / 抗不安薬・不眠症
内容量 28錠 / 箱
関連薬 レクサプロ10mg / レクサプロジェネリック(シトレス)20mg  / エスシタロプラム20mg

ページトップ

シプラムジェネリックの特徴

SSRI抗うつ剤のシタロプラムは、シプラムのジェネリック医薬品です。
シプラムと同成分のため効果も期待できますが、ジェネリックのため大変安価で経済的です。

気分の落ち込みは誰にもある症状ですが、それがあまりに長く続く、悪化していくという場合は治療が必要な症状である場合もあります。信頼できる医療機関に相談してみましょう。
うつ病の治療は薬で行われることが多く、シプラムジェネリックもよく選ばれている薬のひとつです。

シプラムジェネリックの有効成分はシタロプラムとなっており、SSRIの抗うつ薬となっています。
この薬は脳内のセロトニンのバランスを整えることで気分を改善していきます。
うつ病の改善にはもちろん、パニック障害や対人恐怖症、不安障害などの改善にも役立てられている薬です。

SSRIとは『選択的セロトニン再取込み阻害剤』と言われるお薬です。
脳内のセロトニンの不足がうつ病の原因の一つと考えられており、そのセロトニンの再取込みを阻害することで、うつの症状を改善してくれます。
セロトニンは神経伝達物質で、感情の高揚・抑制の調節のほか、睡眠覚醒、節食行動などにも関係していると言われています。

SSRIの特徴として、セロトニン以外の神経伝達には干渉しないため、副作用が比較的軽いとされています。
そのため体への負担が軽く、幅広い年齢層にも使用されています。

シプラムジェネリックの用法用量

良い効果を期待するためには用法用量をしっかり守ることが大事です。
シプラムジェネリックは1日1回、朝または夜に20mg服用します。
一週間後には40mgまで増やすことができます。

シプラムジェネリックの副作用

アスプリト(エビリファイジェネリック)の副作用としては、吐き気や頭痛、めまい、発汗などが報告されています。
セロトニン系の神経のみに作用する薬ですので、抗うつ薬にありがちな口の渇き、便秘、性機能の衰えなどの症状が出ることは少ないとされています。

副作用が強い場合や違和感などを感じた場合は、医師にご相談ください。

シプラムジェネリックのご注意

妊娠中や授乳中の方は必ず医師に相談してから服用します。
若年層の方の場合もリスクが生じる場合もありますので、リスクについての説明もしっかり受けておきましょう。
また、現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談してください。

シプラムジェネリック(Citalopram)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード