クロルプロマジン(コントミンジェネリック)の個人輸入代行o105.biz

クロルプロマジン(コントミンジェネリック)

クロルプロマジン100mgは、安定剤『コントミン』のジェネリック薬です。統合失調症や躁病、神経症など、精神症状の改善に用いられます。
クロルプロマジン(コントミンジェネリック)100mg
  • クロルプロマジン(コントミンジェネリック)
  • クロルプロマジン(コントミンジェネリック)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Chlorpromazine100mg
製造元 DD Pharmaceuticals Pvt.Ltd.
分類 抗精神病薬
内容量 100錠/1箱
関連薬 リスパダール錠 / リスドンプラス / プロザック20mg / ゾロフト 50mg

ページトップ

クロルプロマジンの特徴

クロルプロマジン100mgは、『コントミン』のジェネリック薬です。
クロルプロマジン塩酸塩が主成分の精神神経用剤(安定剤)で、不安感や興奮状態を静め、気分を落ち着かせてくれます。

クロルプロマジンは、統合失調症や躁病、神経症など、様々な精神症状の改善に使用されています。
古くから使用されている安定剤(メジャートランキライザー)で、睡眠作用も強いため不眠に用いることもあります。

「統合失調症」は100人に1人程がかかる、一般的な病気です。
脳の情報伝達系に不調を生じる病気で、現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。幻聴や幻覚、妄想を生じることもあります。

クロルプロマジンは脳内の情報伝達系の不調を改善し(抗ドーパミン作用)、不快な症状も改善してくれます。

安定剤以外に、吐き気や嘔吐、吃逆(しゃっくり)を止める作用もあります。

クロルプロマジンの用法用量

精神神経用剤(安定剤)として用いる場合には、1日50〜450mgを数回に分けて経口服用します。

その他の症状に用いる場合は、1日30〜100mgを数回に分けて服用します。

年齢、症状により適宜増減します。
小児では多くの場合、体重1kgあたり0.5〜1mgを1回分とし、1日3〜4回を目処に服用します。ただし、発達段階や症状の程度により個人差が著しいため注意が必要です。
生後6ヵ月未満の乳児への使用は推奨されていません。

クロルプロマジンの副作用

クロルプロマジンを服用すると、次のような副作用が見られる場合があります。

手の震え、けいれん、口の渇き、残尿感、便秘、目のかすみ、立ちくらみ、動悸など。

重い副作用はめったにありませんが、初期症状には注意してください。
また、副作用が重い場合やその他異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

クロルプロマジンの長期に渡る服用により、手足が勝手に動くなどのジスキネジアやジストニアを起こすこともあります。長期大量服用時、特に女性や高齢の方は注意が必要です。

クロルプロマジンのご注意

現在すでに他のお薬を服用中の方は、クロルプロマジンを服用前に医師にご相談ください。
成分(クロルプロマジン塩酸塩)に対しアレルギーをもっている方は服用できません。
また、クロルプロマジンを服用中の授乳はお避け下さい。
副作用が重い場合やその他にも異常を感じた場合は、必ず医師にご相談ください。
開封後は直射日光を避け、お子様の手の届かない場所へ保管してください。
眠気やめまい、集中力の低下が起きることがありますので、車の運転や集中力のともなう作業、危険な仕事などはお控えください。

クロルプロマジン(コントミンジェネリック)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード