アスプリト(エビリファイジェネリック)の個人輸入代行o105.biz

アスプリト15mg

アスプリトは統合失調症治療薬エビリファイのジェネリック医薬品です。エビリファイと同等の効能がありながら安価に入手することができます。
ドーパミン受容体に作用して統合失調症の症状を改善します。
アスプリト15mg
  • アスプリト15mg
  • アスプリト15mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Asprito15mg
製造元 Intas Pharmaceutical Ltd.
分類 抗精神病薬 / 抗うつ薬
内容量 30錠 / 箱
先発薬 エビリファイ 10mg/15mg

ページトップ

アスプリト(統合失調治療薬)の特徴

アスプリトは、統合失調症治療薬として知られるエビリファイのジェネリック医薬品です。
エビリファイと同じ成分アリピプラゾールを主成分とし、同等の効能がありながら安価に入手することのできる医薬品です。

主な作用としては、脳内の中脳辺縁系や中脳皮質系でドーパミン受容体に作用して統合失調症の症状を改善します。

脳内伝達物質の分泌を調整することで神経活動を正常化し、統合失調症の陽性症状(幻覚・幻聴や妄想、衝動的な感情の高まり)・陰性症状(無為・無気力、感情鈍麻)の両方にすぐれた効果を発揮します。

また、アスプリト(エビリファイジェネリック)はうつ病の症状である無気力や精神不安定などにも効果があり、統合失調症治療薬としてだけではなく広範囲に効能があるのが特徴となっています。

統合失調症は100人に1人がかかると言われているほどポピュラーな病気です。
薬や精神疾患の病気に抵抗のある方もいるかもしれませんが、治療を行うことで症状を改善することができますので、根気よく正しい治療を続けることが大切です。
統合失調症の自然治癒は難しいとされており、適切な治療を受けないことで症状が悪化する恐れもあります。

アスプリト(エビリファイジェネリック)は効果が出るまで2週間ほどかかりますので、自己判断でやめたりせず必ず医師の指示に従って服用しましょう。

アスプリト(統合失調治療薬)の用法用量

アスプリト(エビリファイジェネリック)の用法用量は症状により異なりますが、主成分アリピプラゾールとして1日30mgを超えないようにします。

成人ではおおむね6〜12mgの範囲で服用を開始し、症状の経過を見ながら必要に応じ増薬します。

アスプリト(統合失調治療薬)の副作用

アスプリト(エビリファイジェネリック)の副作用としては、不眠症、神経過敏、手足の震え、体のこわばり、食欲不振、吐き気、便秘などが報告されています。
重篤な場合、アナフィラキシー様の症状が出ることもあります。

副作用が強い場合や違和感などを感じた場合は、医師にご相談ください。

アスプリト(統合失調治療薬)のご注意

妊娠中や授乳中の方は服用できません。
眠気やだるさ、運動能力の低下などが起きることがあるので、服用後は車の運転、危険を伴う作業は避けるようにしましょう。
現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談しましょう。

アスプリト15mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード