アナフラニールの個人輸入代行はo105.biz

アナフラニール

アナフラニールは気分の落ち込みを抑えたり、悲観的になったりする情動を和らげてくれます。うつ病やうつ状態、遺尿症の治療に。
アナフラニール25mg
  • アナフラニール
  • アナフラニール
クチコミ件数(1レビュー)
製品名 Anafranil 25mg
製造元 Novartis Pharma
分類 抗うつ薬
内容量 60錠 / 箱
関連薬 デパス / エチラーム

ページトップ

アナフラニール 効果・効能

三環系抗うつ薬のアナフラニールは、うつ特有の気分の落ち込みを抑制してくれます。
悲観的になったりする情動を和らげ、気持ちを楽にしてくれますので、病気そのものの改善にも役立つ薬です。

アナフラニールの効果・効能は、気分の落ち込みを防ぐというオーソドックスなものであり、歴史を見ても古くから使用されているうつのお薬となっています。

昨今、心の病を抱えている人は増加しています。
その多くが仕事や家庭生活の悩みがあり、自分で抱え込みすぎてしまった結果として精神に異常をきたすようになってしまったと言われています。

特に、うつ病は社会生活を送ることが困難になる疾患として知られており、うつ病によって以前のような生活ができなくなる人が増えています。

アナフラニールは、セロトニンの再取り込み阻害によって効果を発揮する抗鬱剤です。
効果が強いのが特徴である一方、副作用が少々出やすい点には注意が必要です。

その他、アナフラニールはうつ病やうつ状態の他、遺尿症(夜尿症)や情動脱力発作の治療にも使用されることがあります。

アナフラニール 用法

≪うつ病・うつ状態≫
成人はアナフラニールを1日50〜100mgを1〜3回に分割して経口摂取します。
症状や個人の体質によって適宜増減が必要ですが、1日の最高量は225mgまでですので注意しましょう。

≪夜尿症≫
6歳未満の幼児は1日10〜25mgを、また6歳以上の子供は1日20〜50mgを、それぞれ1〜2回に分割して経口摂取します。

アナフラニール 副作用

アナフラニールは効果が強い反面、ほかの精神系の薬と比べると副作用が出やすくなっています。
たとえば眠気、立ちくらみ、喉の渇きなどが代表的なものです。

副作用が強い場合には速やかにかかりつけの医師と相談し、場合によっては薬の種類を変更などが必要になります。アナフラニールは医師と相談しつつ、体質に応じて使用していきましょう。

アナフラニール ご注意

アナフラニールは、抗うつ剤の中でも比較的副作用が強い薬のひとつであるため、医師の処方する薬の量をしっかりと守ることがとても大切です。

アナフラニールの口コミ(1件)【平均評価】5

評価:★★★★★

軽い頭痛があったのが消え、ふわっと体が軽くなった気分になります。気持ちも落ち着くし、確かに効果は強いです。by ななぶんさん
◆ 口コミをもっと見る ◆
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード