エビリファイ(Abilify)の個人輸入代行o105.biz

エビリファイ(Abilify) 10mg/15mg

エビリファイは統合失調症治療薬です。ドーパミンに作用し神経の伝達バランスを整え、幻覚や妄想などの辛い症状や精神状態を改善してくれます。
統合失調症は正しい治療と早期発見が大切な病気です。
エビリファイ 10mg/15mg
  • エビリファイ(Abilify) 10mg/15mg
  • エビリファイ(Abilify) 10mg/15mg
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Abilify 10mg/15mg
製造元 Korea Otsuka Pharmaceutical Co.,Ltd
分類 抗精神病薬 / 抗うつ薬
内容量 30錠 / 箱
ジェネリック アスプリト15mg

ページトップ

エビリファイ(Abilify)の特徴

統合失調症は100人に1人がかかると言われています。非常に身近な病気なのです。
自然治癒するのはかなり難しい病気ですが、正しい治療を行うことで症状を和らげ、改善することができます。再発の恐れもある病気ですので、根気よく治療を続けることが必要です。

投薬やリハビリテーションなど、症状などによって治療法は様々です。
エビリファイは統合失調症治療薬の一つで、世界60ヶ国以上で承認されています。

統合失調症の症状には『陽性症状』と『陰性症状』があります。
陽性症状は幻聴や幻覚、妄想などで心が休まらなくなる症状です。
陰性症状は様々なパターンがありますが、主に感情の乏しさや意欲の減退がみられます。

エビリファイはアリピプラゾールを主成分とする治療薬で、脳内のドーパミンに作用し、神経伝達のバランスを整えてくれます。
正常な神経伝達を確立することで、幻覚や妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態も落ち着かせてくれるお薬です。

統合失調症の治療ではエビリファイなどの投薬治療ももちろん必要なのですが、薬だけに頼るのではなく、規則正しい生活や三食きちんと食べることで体質が早く改善するとも言われています。
特に食事はジャンクフードなどを出来るだけ避けて、栄養バランスのとれたものを摂取するとよいでしょう。

エビリファイ(Abilify)の用法用量

■統合失調症
通常、成人は1日6〜12mgを1〜2回に分けて服用を開始します。
維持用量として1日6〜24mgを1〜2回に分けて服用してください。

一度に何度も薬を服用してはいけません。
用法用量を指定された通りに服用する必要があり、効果については個人差があります。

エビリファイ(Abilify)の副作用

エビリファイの副作用として、「異常にのどが渇く」「多尿」などの症状が確認されています。また、ふるえや寒気、体の硬直、高熱、便秘などがあります。

強く症状が出る場合や違和感などを感じた場合は、医師にご相談ください。

エビリファイ(Abilify)のご注意

妊娠中や授乳中の方は服用できません。
眠気、注意力、集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあります。自動車の運転や危険を伴う機械の操作はしないでください。
現在治療中、お薬を服用中の方や健康に不安がある方は、服用前に医師とよく相談しましょう。

エビリファイ(Abilify) 10mg/15mgの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード