個人輸入代行オトコドットビズ
お問い合わせはこちら

ホーム  > 育毛・発毛剤 内服  > フィナステリド系内服

プロペシア

プロペシア
[口コミ一覧]

プロペシアはフィナステリドが主成分の内服育毛剤です。
フィナステリドは5αリダクターゼ(酵素)阻害薬で、ホルモン活性を阻害する男性型脱毛症治療薬です。タイ市場向け、米国(USA)領Puerto Rico製。
メールアドレス変更のお知らせ。
▼詳細
【製品名】Propecia
【製造元】Merck Made in England
【分類】育毛剤(内服)
【内容量】28錠/箱
【関連商品】フィンペシア/[NR09]ミノキシジル15%+αローション/[NR10]ミノキシジル16%+αクリーム60ml
【発送国】香港・シンガポール
▼プロペシアの特徴
プロペシア[Propecia](フィナステリド[Finasteride])は、本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発さてた医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから発毛剤として用途が広がりました。

すでに米食品医薬品局(FDA)では飲む発毛剤として認可されており、実際に使用されています。

日本でも2005年10月11日に男性型脱毛症用薬「NZプロペシア錠」(一般名:フィナステリド)の輸入が承認され、日本初の男性型脱毛症用薬「NZプロペシア」が発売されることになりました。
▼プロペシアの作用
プロペシア(フィナステリド)は5αリダクターゼ同位酵素阻害剤(DHT転換抑制)です。

主成分であるフィナステリドは、本来は前立腺肥大症に対する治療薬でした。
DHT量が増えることで毛髪が減少するということで、DHT転換抑制(生成阻害)として作用します。
結果、毛髪の減少を防ぐことができます。

様々な脱毛症がありますが、プロペシア(フィナステリド)は男性ホルモン性脱毛症治療に効果があるとされています。
また、高濃度での使用では前立腺ガン、前立腺肥大症等の治療薬としても使用されています。
▼プロペシアの用法用量
プロペシアは通常成人男性はフィナステリドとして0.2mgを1日1回経口服用して下さい。(本剤は1錠中に主成分1mgを含有します。)
年齢状況体調に応じて1日最大1mgまでを上限として使用することが出来ます。

プロペシアは1日1錠です。それ以上使用しても効果は変わりませんので、必ず用量はお守りください。
水と一緒に飲んで下さい。食前でも食後でも、いずれでも結構です。

男性脱毛症は長期にわたってもたらされます。
そのため、プロペシアの効果が現われるのに通常3ヶ月以上必要です。
▼プロペシアの副作用
報告されているプロペシアの副作用は、勃起不全や性欲減退、性行為中の精子の減少です。

通常これらの副作用は軽度のもので、プロペシア(フィナステリド)の服用を中止した場合や医師の手当を受けた場合、これらの副作用が見られなくなる場合がほとんどです。
また、これら以外の副作用がみられる場合もありますので、医師または薬剤師にご相談ください。
▼使用上のご注意
次の人は服用しないでください。

本剤に含まれる成分(フィナステリド等)によって過剰症状を起こしたことがある方。
成人男性でない方。(特に妊産婦、授乳産婦、妊娠の可能性がある方。) 重度の肝機能障害がある方。


メールアドレス変更のお知らせ。

TOPへ

商品検索
スーパージェビトラ / バリフ / リドスプレー / リデュース

ご利用案内
お支払方法
配送・送料
お届け状況検索
ポイント説明
個人輸入について
よくあるお問い合わせ
wお問い合わせ
会社概要
特定商取引表記
プライバシーポリシー

TOPへ