個人輸入代行オトコドットビズ
お問い合わせはこちら

ホーム  > 心のお薬  > 抗不安薬・不眠症

デパス(抗不安薬)

デパス(抗不安薬)
[口コミ一覧]

今月の大特価SALE対象商品★デパスは不安や緊張を和らげる抗不安薬です。穏やかに作用し気持ちを落ちつかせ、筋肉の緊張をほぐします。
メールアドレス変更のお知らせ。
▼詳細
【製品名】Depas
【製造元】Mitsubishi Tanabe Pharma Made in Japan
【分類】抗不安薬
0.25mg100錠/箱又は10錠/シート
0.5mg100錠/箱又は10錠/シート
1mg100錠/箱又は10錠or21錠/シート
【関連薬】エチラーム/エチゼスト/エチゾラプラス10mg
【ジェネリック】エチゾラ1mg
【関連薬】リモバン7.5mg/エチラームプロ /エチラームS
【発送国】シンガポール
▼デパス(抗不安薬)の特徴
デパスは国内で最も使用されている、チエノジアゼピン系の緩和精神安定剤(マイナートランキライザー)で、不安や緊張を和らげるお薬です。
穏やかに作用し、気持ちを落ちつかせ、筋肉の緊張をほぐします。

本製品は通常、神経症やうつ病などの精神的なケアや、心身症にも使用されることがあります。
心身症は、精神的な要因や自律神経の乱れが原因で発症し、主に身体に様々な症状(血圧の上昇や頭痛など)が現れる身体疾患です。

デパス(正規品)の個人輸入は、o105.bizにお任せ下さい。
o105.bizは正規品保証で安心・安全な個人輸入のお手伝いを行っております。
デパスのエチラームでお求め易い安価の「エチラーム」も御座います。
▼デパス(抗不安薬)の作用
デパスは作用の強いお薬ですが、安全性が高く、耐性や依存も少ない医薬品です。
抗うつ作用がありますので、うつ症状にも処方されることがあります。

デパス(抗不安薬)は穏やかな作用で不安や緊張感を和らげ、興奮状態やイライラをしずめたり、寝つきをよくします。
また、筋肉のこわばりなどをほぐす作用もあるため、緊張型頭痛などにも使用されます。
▼デパス(抗不安薬)の用法
◎神経症、うつ病の場合
デパスは通常、成人はエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口服用する。

◎心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合
通常、成人はエチゾラムとして1日1.5mgを3回に分けて経口服用する。

◎睡眠障害に用いる場合
通常、成人はエチゾラムとして1日1〜3mgを就寝前に1回経口服用する。
なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。

適量を超えたデパスを含むチエノジアゼピン系の薬の大量摂取は副作用のリスクを高めます。
抗不安薬等は必ず用法・用量を守って摂取して下さい。
▼デパス(抗不安薬)の副作用
デパスの副作用として、眠気、ふらつき、倦怠感、脱力感、めまい、歩行失調、頭痛、言語障害、口の渇き、吐き気、過敏症、肝機能障害(黄疸など)などが起こる可能性があります。
▼デパス(抗不安薬)の注意
抗不安薬の服用・用法用量は必ず医師の指示に従ってください。
o105.bizは正規品保証・送料無料です。お客様の安心で安全な個人輸入のお手伝いを行っております。
安心して本医薬品の個人輸入をお任せ下さい。


メールアドレス変更のお知らせ。

TOPへ

商品検索
スーパージェビトラ / バリフ / リドスプレー / リデュース

ご利用案内
お支払方法
配送・送料
お届け状況検索
ポイント説明
個人輸入について
よくあるお問い合わせ
wお問い合わせ
会社概要
特定商取引表記
プライバシーポリシー

TOPへ