フレティック(ラシックスジェネリック)の個人輸入はo105.biz

フレティック40mg(ラシックスジェネリック)

フレティック40mgは利尿剤『ラシックス』のジェネリック薬です。強力な利尿作用があり主に浮腫み(むくみ)の治療に使用されます。
フレティック40mg
  • フレティック40mg(ラシックスジェネリック)
  • フレティック40mg(ラシックスジェネリック)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Furetic40mg
一般名 フロセミド
製造元 Siam Bheasach Co.,Ltd
分類 利尿剤 / むくみ解消
内容量 100錠 / 箱

ページトップ

フレティック40mgの特徴

フレティック40mgは利尿剤『ラシックス』のジェネリック薬です。強力な利尿作用があり主に浮腫み(むくみ)の治療に使用されます。

先発薬であるラシックスは「フロセミド」を成分とする利尿剤です。
強力な利尿作用により余分な水分や塩分を排出し、むくみ(浮腫み)を改善してくれます。

余分な水分を排出することで循環血液が減るため、心不全や高血圧治療薬としても用いられるお薬です。

フロセミドは「ループ利尿薬」と言われる種類で、ナトリウムと水の再吸収を阻害し、尿の量を増やす働きがあります。作用は非常に強力ですが、腎機能に悪影響を与えないため利尿薬の第一選択として使用されています。

フレティック40mgはラシックスと同成分のジェネリック医薬品のため、上記と同等の効果が期待できます。
ただし、ジェネリックは開発費がかかっていないため、その分価格が抑えられています。

心臓病や腎臓病、肝臓病にともなう浮腫み(むくみ)、女性の生理前の浮腫み(むくみ)治療などに使用されています。

フレティック40mgの用法用量

フロセミド錠として、1日1回40〜80mgを服用します。

年齢・症状により服用方法は異なり、腎機能不全等の場合には更に大量に用いることもあります。
悪性高血圧に用いる場合には、他の降圧剤と併用する必要があります。

フレティックには強力な利尿作用がありますので、夜の服用はお避け下さい。

フレティック40mgの副作用

重い副作用はほとんどありませんが、薬の効き過ぎによる急激な利尿作用によって脱水症状や血液中のカリウムやナトリウムが不足する電解質失調、それに伴うめまいや立ちくらみが起こる場合があるので注意が必要です。

フレティック服用後に、だるい、力が入らない、のどが渇くなどの症状が出たら、上記副作用の疑いがあります。
高齢の方や、ほかの降圧剤を併用している方は特にご注意ください。

また、稀に一時的に耳が聞こえなくなったり、尿酸値が上昇したりすることもあります。

異常や異変を感じた場合は服用を中止し、医師にご相談ください。

フレティック40mgのご注意

重い腎臓病や肝臓病、糖尿病や痛風などの特定の疾患のある方は、服用前にかかりつけの医師にご相談ください。症状を悪化させる恐れがあります。
また、妊娠中や授乳中の方も服用前に医師にご相談ください。

フレティック40mg(ラシックスジェネリック)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード