フェブタズ(フェブリクのジェネリック)の個人輸入代行はo105.biz

フェブタズ

日本でも処方されるフェブリクのジェネリック薬で痛風の症状を改善することができます。
フェブタズ
  • フェブタズ
  • フェブタズ
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Febtaz
製造元 Sun Pharma Sikkim
分類 痛風治療(高尿酸血症)
内容量 40mgは100錠/箱、80mgは50錠/箱

ページトップ

フェブタズの特徴・効能

痛風は、尿酸値が高い状態を治療を行わず放置しておくことによって、高尿酸血症が進行してゆき、ある日突然足の付け根の痛みが出るといった疾患であり、直接命に係わる疾患ではないものの、腎臓などにもダメージを与えるため、早期の治療が重要であるとされています。

痛風の薬には多種多様なものがありますが、その一つとしてフェブタズという薬があります。
フェブタズは日本でも処方されるフェブリクのジェネリック薬でフェブリク同様に継続的に服用することで、徐々に尿酸値を引き下げることができ、痛風の症状を改善することができます。
まだ痛風の症状が出ていない人に対しては、将来的な発作を起こらないようにする効果が期待できます。

フェブタズの用法

成人は通常、有効成分「フェブキソスタット」として1日に10mgより開始して、1日1回服用します。
その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量してください。
症状によって適宜増減しますが、維持する量は1日に1回40mgで最大服用量は1日に1回60mgまでとなります。

尿酸降下薬による治療初期の場合は服用量が変わります。
1日に10mgより開始して、1日1回服用します。
投与開始から2週間以降に1日に20mgを1回、投与開始から6週間以降に1日に40mgを1回服用します。
徐々に服用量を増やしていきますが増量後は経過を十分に観察してください。

フェブタズの副作用

作用で尿酸の結晶が関節から溶け出すため、服用を始めた頃に痛風発作をかえって引き起こしてしまう事があります。
ただし、この現象は症状が改善されている過程なので、ある程度は仕方がありません。
関節で結晶となっている尿酸が排泄されると、痛風発作は起こさなくなります。

その他、報告されている副作用は人によっては下痢を起こしたり、体にだるさになります。重い副作用として、肝障害が報告されているようですので、服用の際は医師の診断のもと服用してください。

フェブタズの注意

腎臓などの機能が弱っている人であっても、人体に対する高い安全性が確認されてはいますが、自己判断で服用量を増減することは禁物です。
飲み合わせの悪い薬がありますので「メルカプトプリン(ロイケリン)」、「アザチオプリン(イムラン)」、「ビダラビン(アラセナ)」、「ジダノシン(ヴァイデックス)」など、服用中の薬がありましたら医師に報告してください。

フェブタズの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード