エストロモンの個人輸入代行はo105.biz

エストロモン

プレマリンのジェネリック医薬品です。更年期障害にもっとも使用されている女性ホルモン剤です。
エストロモン0.625mg
  • エストロモン
  • エストロモン
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 ESTROMON 0.625mg
製造元 STANDARD CHEM.&PHARM.CO.,LTD
分類 女性ホルモン剤
内容量 10錠/シート
先発薬 プレマリン0.625mg

ページトップ

エストロモンの効能

エストロモンは「卵胞ホルモン」を補うホルモン剤のひとつで更年期障害にもっとも使用されている「プレマリン」のジェネリック薬です。
更年期障害は加齢からくる女性ホルモンの減少が原因でホルモンバランスが崩れ、疲れやすくなったり、動悸や頭痛などの症状をひきおこします。
エストロモンを服用して体内に足りなくなった女性ホルモン(卵胞ホルモン)が補われ、更年期の症状を軽減することができます。

「卵胞ホルモン」を補う薬として「プレマリン」というホルモン剤が有名ですが、そのジェネリック医薬品として誕生したのが、このエストロモンになります。
エストエロモンはプレマリンと成分は変わらないのですが、プレマリンよりも安く購入することができます。

また、更年期障害の他にも、卵巣欠落症や、卵巣機能の不全症、性同一性障害などにも使用されることがあります。
その他にも血液を固まりやすくする効果から止血を助けてくれるはたらきもあるので、機能性出血の場合にも使用されることもあります。
有効成分のエストロゲンとは、卵胞ホルモンの一般名になります。

エストロモンの用法

女性が服用する場合
エストロゲンとして1日に0.625〜1.25mgを服用します。

機能性子宮出血又は腟炎に対して服用する場合
1日に0.625〜3.75mgを服用します。

女性ホルモンを持たない男性が女性化する為に服用する場合
通常女性が服用する量より飲まないといけないですが
1日の最大量は5mg迄に抑える必要はあります。

なお、年齢や症状によって服用量が変わりますので医師の診断のもとに服用して下さい。

エストロモンの副作用

主な報告されている副作用は乳房の張りや痛み、予定外の出血、吐き気や嘔吐など

エストロモンの注意

治療目的によって飲み方が変わってきますので注意してください。
飲み始めに乳房痛や子宮出血、吐き気などが多く報告されていますが、こちらは徐々に緩和していきなくなることがほとんどです。
気になる場合は医師に相談してください。

エストロモンの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード