Oilezz(オイレズ)の個人輸入代行はo105.biz

Oilezz(オイレズ)

体重増加の副作用が少ないという特徴で注目されている最新の第四世代ピルのヤスミンと同成分です。
Oilezz(オイレズ)
  • Oilezz(オイレズ)
  • Oilezz(オイレズ)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Oilezz ED
製造元 Organon
分類
内容量 22錠/箱
関連薬 マーベロン

ページトップ

Oilezz(オイレズ)の特徴

経口避妊薬の一種であるオイレズの効果・効能としては、もちろん望まない妊娠の回避という避妊効果を第一にあげることができますが、使用方法に工夫を凝らすことで月経日をずらす目的で使用することも可能です。
また、オイレズには肌の余分な皮脂分泌を抑制するという働きもあるために、ニキビ対策としての効果も期待できると言われています。
普通の経口避妊薬は休薬期間の設定が7日間になっているものが多いですが、オイレズの場合は6日間になっているという特徴があります。
また、最新の第四世代の低用量ピルなので、体重増加や不正出血が他の経口避妊薬に比べると抑制されているとの報告があります。

Oilezz(オイレズ)の用法用量

生理が始まった1日目から毎日同じ時刻に青色のタブレットを1錠ずつ7日間服用してください。
続けて白色のタブレットを1錠ずつ15日間服用します。
この後、6日間の休薬期間を設けて下さい。この間に月経が来ます。
次の服用に移るときは、6日間の休薬期間を終えたら、また青色のタブレットの服用から始めてください。
オイレズ服用中の月経周期は28日です。
6日間の休薬期間を設けずに次のピルの服用に移ることで、月経をずらすことができます。
しかし、ホルモンバランスを崩すことになるので、必ず専門医の指導を受けて下さい。
また、他の経口避妊薬からオイレズに切り替える場合は、前の薬の28日間の周期を終えたのちに、服用を開始してください。
切り替えた際に体内のホルモン量が変化するので、多少の不正出血が現れることがありますが、オイレズのホルモンサイクルに慣れることで次第に解消されていきます。

Oilezz(オイレズ)の副作用

場合によって、副作用として吐き気・嘔吐、乳房痛、頭痛、不正性器出血、倦怠感、下痢、腹痛、発疹、浮腫、黄疸、視力障害などの症状が表れる可能性があります。
定期的に病院で検査を受けることをおすすめします。

Oilezz(オイレズ)のご注意

乳がんや子宮がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、授乳中の女性、35歳以上で1日あたり15本以上たばこを吸う喫煙習慣のある女性は服用できません。

Oilezz(オイレズ)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード