マドンナ(緊急避妊薬)の個人輸入はo105.biz

マドンナ(緊急避妊薬)

無防備なセックスが行われた後、妊娠を防止する緊急避妊薬(アフターピル)です。
当日であれば、マドンナの避妊失敗率は2.5%程度であると言われています。
マドンナ(緊急避妊薬)
  • マドンナ(緊急避妊薬)
  • マドンナ(緊急避妊薬)
クチコミ件数(1レビュー)
製品名 madonna
製造元 BIOLAB CO.
分類 アフターピル(緊急避妊薬)
内容量 2錠/箱

ページトップ

マドンナ(アフターピル)の特徴

アフターピルと呼ばれる緊急避妊薬です。
性交渉の際にコンドームが破れてしまったり、妊娠を望んでいないのに無防備な性交渉が行われた場合に使用されます。

アフターピルはかなり確実な避妊法と言われており、マドンナ(アフターピル)を性交渉後72時間以内に服用すると、90%以上の確立で妊娠を予防できると言われています。
当日であれば、マドンナの避妊失敗率は2.5%程度であると言われています。

マドンナ(アフターピル)は、卵巣・卵管・子宮内膜に作用し、排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を阻止します。
たとえ受精が起きてしまっても子宮内膜への着床をも防ぎます。

本製品は、着床を防いで妊娠を回避するお薬です。
そのため、すでに妊娠反応が出ている場合の中絶目的としての服用は禁止ですのでご注意下さい。

マドンナ(アフターピル)の用法用量

本製品の1回分は1シート2錠です。
性交後はなるべく早く、目安として1時間以内に初めの1錠を服用して下さい。
最長でも72時間以内に初めの1錠を服用してください。
1錠目を服用後、約12時間後に2錠目を服用します。

マドンナ(緊急避妊薬)は、事後72時間以内に利用しない場合は効果がありません。

また、アフターピルは服用が早いほど効果的です。
しかし、既に妊娠している場合には効果はありませんので、事前に妊娠検査薬などで妊娠の有無を確認する必要があります。問題がなければ、急いで服用しましょう。

マドンナ(アフターピル)の副作用

深刻な副作用の報告はありませんが、マドンナ(緊急避妊薬)はホルモン剤なので、吐き気や嘔吐、発熱などが起こる場合があります。
副作用の症状が重い場合や、身体に異変や異常を感じた場合には、医師(産婦人科)の診察を受けてください。

マドンナ(アフターピル)ご注意

マドンナ(緊急避妊薬)の使用は、1ヶ月4錠までです。
すでに妊娠反応が出ている方や妊娠をしている方には効果がありませんので服用はお控え下さい。

また、>マドンナ(緊急避妊薬)は通常のピルとは異なります。
あくまで緊急時に使用するお薬ですので避妊を目的として常用するお薬ではありません。ご注意下さい。

マドンナ(緊急避妊薬)の口コミ(1件)【平均評価】5

評価:★★★★★

危険日の性行時にコンドームが破れ、膣内に大量に射精しましたが、マドンナを使用したところ、妊娠はしませんでした。

彼女も副作用なく普通に生活していますby マディさん
◆ 口コミをもっと見る ◆
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード