アフターピルなど経口避妊薬(ピル)の個人輸入・通販ならo105.bizにお任せ下さい!

女性の薄毛・脱毛

トップへ

避妊

トップへ

アフターピル(緊急避妊薬)

  • アフターピルとは?

    ホルモン剤であるピルの種類は多くありますが、アフターピルと呼ばれている緊急避妊薬もその一つです。

    このアフターピルとは避妊に失敗をしてしまった場合や妊娠を望まない場合などに、定められた期間内に服用することによって妊娠を回避できるというものです。そのため『Emergency contraoception』とも呼ばれております。

    アフターピルは欧米などの諸外国では浸透している方法ですが、日本での認知度は低く、薬局などで手軽に手に入れる事もできません。

    アフターピルの入手方法として、産婦人科へ行って処方してもらい飲み方・種類などを教えてもらう方が安心だという方も多い反面、プライバシーが守られるという観点から個人輸入代行サイトなどを利用して通販で購入される方も増えてきています。

    事件などに巻き込まれて望まない妊娠の可能性がある場合などは、アフターピルの存在は非常に心強く感じるでしょう。

    現在日本国内で使用されているアフターピルには2種類あり、一つ目は「ブラノバール錠」と呼ばれているもので、二つ目が「ノルレボ錠」と呼ばれている錠剤です。
    ブラノバール錠の方が比較的安価に手に入りますが、副作用の少ないノルレボ錠は一度の服用で効果を得ることができ、日本でも緊急避妊薬のアフターピルとして正式に承認されています。

    服用するにあたって不安なのが副作用ですが、アフターピルはホルモン剤のため、吐き気や嘔吐、発熱などが起こる場合があります。副作用の症状が重い場合は、医師(産婦人科)の診察を必ず受けましょう。

    また、すでに妊娠反応が出ている方や妊娠している方は服用してはいけませんので注意が必要です。

トップへ

超低用量ピル

  • ピルについて

    日本で一般的にピルと呼ばれている経口避妊薬とは、避妊に用いられている女性ホルモン剤です。

    排卵の抑制や精子の子宮内侵入を抑制したり受精卵の着床を抑制する働きがあり、これを正しく服用した場合には、避妊手術や子宮内避妊器具を使用した場合と同レベルの避妊効果が期待できると言われております

    ピルの入手方法として、産婦人科へ行って処方してもらい飲み方・種類などを教えてもらう方が安心だという方も多い反面、プライバシーが守られるという観点から個人輸入代行サイトなどを利用して通販で購入される方も増えてきています。

    ピルは避妊薬として以外も、生理の周期を変更したい場合や月経困難症などの生理による重い症状や大量の月経血を緩和するために使用したり、子宮内膜症の治療などに使われます。

    最近では副作用のリスクを減らすためにも、高用量ピルや中用量ピルではなく、低用量ピルなどが開発されてきており、海外でも用いられています。

    日本でも月経困難症の治療薬として超低用量ピルが認可されており、避妊用に使用するために低用量ピルが用いられております。

    ピルを服用するにあたって不安なのが副作用かと思いますが、頭痛がしたり、イライラとした気分になってしまったり、嘔吐や膣炎、むくみなどが報告されています。
    また特別な例としては、子宮筋腫や糖尿病を悪化させてしまう可能性もあると言われております。

    そのため、避妊薬として服用する場合でも、月経困難症を緩和するために服用する場合でも医師の指導のもとに服用することが望ましいです。
    また循環器系への副作用が高まるため喫煙をしないことが望ましいでしょう。

トップへ

低用量ピル(一相性)

トップへ

低用量ピル(三相性)

トップへ

中用量ピル(一相性)

トップへ

ミニピル

  • セラゼッタ

    セラゼッタ

    ¥2,600

    合成黄体ホルモンのみを含むミニピルです。エストロゲンは使えないという場合に処方されます。

トップへ


デパス! バリフ
BBX+α! リデュース
G7 ザイデナ
VCF(避妊フィルム) マグナRX・TRAプラス
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード