ダイアン(低用量ピル)の個人輸入はo105.biz

ダイアン(低用量ピル/一相性)

避妊以外に女性の重症なニキビや多毛症の治療にも有効な経口避妊薬(ホルモン剤)です。
ダイアン(低用量ピル/一相性)
  • ダイアン(低用量ピル/一相性)
  • ダイアン(低用量ピル/一相性)
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 dian
製造元 SCHERING
分類 低用量ピル(一相性)
内容量 21錠/箱
関連薬 プレメ / スシィー / OC-35 / ダームース

ページトップ

ダイアン(dian) 特徴

ダイアンはシェーリング社が体格の小柄なアジア人向けに開発した経口避妊薬です。

ダイアン(経口避妊薬)には、有効成分として「酢酸シプロテロン」2mgと「エチニルエストラジオール」0.035mgが配合されています。
これらの成分の働きによって、ダイアンを服用している間は排卵が起きません。
また、精子を卵子まで昇らせ難くする作用、さらに万が一受精しても着床しにくい状態を作るなど、2重3重の避妊効果があります。

数あるピルの種類のなかで唯一男性ホルモン作用がありませんので、男性ホルモンに起因する男性型多毛症、頭髪の抜け、ニキビなどを抑える副効用があります。
また、ダイアン(経口避妊薬)は女性ホルモン剤として使用されることもあります。

また、一相性のピルは、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定のため、従来のような飲み違え等のわずらわしさがなく、服用法が非常に簡単なのが特徴です。

ダイアン(dian) 用法

ダイアンは生理開始の第1日目より服用をはじめ、毎日なるべく一定の時刻に21日間服用を続けます。
そして7日間の服用休止期間を経た後、次のピルシートの服用に移ります。

※ダイアン(低用量ピル)服用開始の時期について
◎生理がはじまって5日経過以内
すぐにダイアン(低用量ピル)の服用を開始して構いませんが、この場合は即日の避妊効果は期待できません。
そのため、服用をはじめてから7日間は念の為にも他の避妊法を併用する必要があります。

◎生理開始から5日以上経過
次の生理を待ちます。
次回の生理開始第1日目より服用を開始して下さい。

ダイアン(dian) 副作用

ダイアン(dian)はホルモン製剤であるため、服用後、ホルモン環境の変化によって起こる下記の副作用が報告されています。

不正出血(生理以外の出血)や乳房の張り・痛み、また 悪心・嘔吐などの胃腸障害など。

しかしこれらは服用を2〜3カ月続け、体が慣れてくることで次第に消失していくものです。
また、不正出血は飲み忘れによっても起こりやすいものですので、ダイアン(dian)の飲み忘れには十分注意してください。

ダイアン(dian) ご注意

ダイアン(dian)には血液を固まりやすくする性質があるため、ごくまれに血栓性を引き起こしたり、悪化させる恐れがあります。

このような血栓症の発現は、年齢と喫煙にも深く関係します。
40歳以上の方やタバコを吸う人はリスクを高めますので主治医の指示に従って下さい。

ダイアン(低用量ピル/一相性)の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード