バリフやカマグラなどED治療薬・早漏のお薬の個人輸入はo105.biz

その他の性機能医薬品

カバージェクト
トップへ

レビトラ系

バリフ
  • 塩酸バルデナフィルを成分とするED治療薬です。

    レビトラ系医薬品は、塩酸バルデナフィルを成分とするED治療薬です。

    バイアグラ、レビトラ、シアリスは三大ED治療薬と呼ばれています。

    バイアグラ
    知名度と安心感で選ぶ時。

    レビトラ
    効果が出る時間が早い。
    強い勃起力、男性器の硬さが欲しい時に。

    シアリス
    長時間の作用と自由度で選びたい時。
    デートで食事をして行為までの時間が計れない場合、休日前夜から翌日まで効かせたいような時に。

トップへ

シアリス系

タダリス
  • タダラフィルを成分とするED治療薬です。

    シアリス系医薬品は、タダラフィルを成分とするED治療薬です。

    バイアグラ、レビトラ、シアリスは三大ED治療薬と呼ばれています。

    バイアグラ
    知名度と安心感で選ぶ時。

    レビトラ
    効果が出る時間が早い。
    強い勃起力、男性器の硬さが欲しい時に。

    シアリス
    長時間の作用と自由度で選びたい時。
    デートで食事をして行為までの時間が計れない場合、休日前夜から翌日まで効かせたいような時に。

トップへ

バイアグラ系

カマグラ100mg
  • バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較

    バイアグラ系医薬品は、シルデナフィルを成分とするED治療薬です。

    バイアグラ、レビトラ、シアリスは三大ED治療薬と呼ばれています。

    バイアグラが発売されてから5年ほどは、ED治療薬といえばバイアグラしかありませんでした。
    しかし現在のように三種類もあると(他のED治療薬もほとんどがこの3つのジェネリック等です。)、どれを使ったらよいのかわからない方も多いと思われます。

    そこで分かりやすく、それぞれのED治療薬の特徴を次にまとめました。
    食事の影響と発現時間や作用時間に差があるので使用する状況で使い分けるのもいいと思います。基本的に行為の1時間前に服用しておけばバイアグラ、レビトラ、シアリスは、どれも1時間以内に効果が現れます。

    バイアグラ
    知名度と安心感で選ぶ時。

    レビトラ
    効果が出る時間が早い。
    強い勃起力、男性器の硬さが欲しい時に。

    シアリス
    長時間の作用と自由度で選びたい時。
    デートで食事をして行為までの時間が計れない場合、休日前夜から翌日まで効かせたいような時に。

    いずれのED治療薬も、常時勃起するわけではなく、刺激に対して反応します。
    よって日常生活に支障をきたすことは無く、作用時間の長さを気にする必要はないと言われています

    ただ効果には個人差があります。
    レビトラは効き目があるがバイアグラは効き目があまりないといったこともあるようなので、ご自身に合ったED治療薬をお選びください。

トップへ

早漏防止医薬品

スーパージェビトラ
トップへ

edの原因や症状等について

EDコラムedとは、勃起機能障害の事を言います。
勃起機能障害とは勃起に関して、何等かの障害がある状態を指します。

具体的な症状としては、性行為の際等に勃起状態にならない、勃起状態になってもそれを維持する事が出来ない等があります。
他にも、勃起状態を維持出来ても射精が出来ないとedに分類されます。

edの原因としては、大きく3種類あります。
一つ目は心に問題を抱えているケースです。
これは心因性と呼ばれるタイプで、edの原因として特に多いタイプになります。

二つ目としては、器質性と呼ばれる体に問題があるケースです。
何等かの理由で勃起に関係する神経や血管等に障害が起きているタイプです。

三つ目に心因性と器質性が合わさったケースがあります。

edの治療方法は、edの原因によって異なります。そのため、まずは自分のedの原因をしっかり突き止める事が大切です。

edの検査方法としては、問診や血液検査、薬の内服歴の確認等が行なわれます。
問診では過去4週間の勃起の有無や、維持出来たのか否か等が訊かれるので、適切な治療のためにも正直に答える事が大切になります。
それ以外にも、糖尿病等の持病の有無や、喫煙や飲酒歴といった生活習慣についても訊かれるのが一般的です。

このような一通りの検査の結果から、自分のedの原因が診断されます。原因がはっきりした所で、実際の治療に入ります。

具体的な治療方法として、心因性によるedの場合には、カウンセリング等が効果を発揮する場合が多いです。
心の問題が解決される事で、自然と症状が改善していくのです。

器質性によるedの場合には、薬物療法が行なわれる事が多いです。
原因となっているのが、神経なのか血管なのか等によって、それに合わせた薬物が処方されます。

心因性と器質性が混合している場合には、カウンセリングや薬物療法等を組み合わせて行なう事が多いです。

トップへ

ed薬の種類と注意事項を知る

EDコラムed薬を利用すれば服用するだけで悩みを解決できるのがメリットですが、やはり医薬品ですので注意事項もあります。
そしてed薬の種類も一種類ではなく、それぞれ特徴には違いがありますので、その違いについても良く理解しておきましょう。

ed薬の種類では、最初に登場したバイアグラは特に有名です。
有効成分はシルディナフィルで血行を促進し、勃起を得やすくしてくれます。

その後に登場したレビトラはバルディナフィルが有効成分で、水に溶けやすいこともあり、即効性が高いことで知られています。
その後に開発されたシアリスは作用時間が圧倒的に長く、食事の影響を受けにくい薬です。

どの薬も同じような効果を持っていますが、持続時間や効きはじめの時間には差がありますので、特徴をよく理解しておかないと肝心のときに効果が発揮できない、効果が切れてしまうことがあります。

そして薬の中には食事の影響を受けやすいものもありますので、そうした薬を選んだ場合は空腹時に飲む必要があります。

ed薬を利用した場合もただ薬を飲んだだけで勃起が起きるのではなく、性的な刺激がないと勃起はおきません。

薬にはどんなものでも副作用があり、ed薬の副作用としては顔のほてり、紅潮、頭痛、鼻づまり、動悸などがあげられますので、強く症状が出る場合は医師や薬剤師に相談しましょう。

それから薬には禁忌がありますので、持病がある人や薬を服用している人の場合は特に注意が必要です。
薬には飲み合わせが良くないものもありますので、薬を利用している人はそのことも医師に伝えておきましょう。
基本的にどの薬の場合も服用は1日1回、次の服用までは24時間以上空ける必要がありますので、過剰に飲んだり、1日に何度も飲むことは避けましょう。

トップへ
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード