バルトレックスの個人輸入代行

バルトレックス

「アシクロビル」のジェネリック製品で主に再発型ヘルペス治療に用いられます。
バルトレックス500mg
  • バルトレックス
  • バルトレックス
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 VALTREX500mg
製造元 GlaxoSmithKline
分類 ヘルペス(帯状疱疹)
内容量 10錠/箱
42錠/箱
同成分 バルシビル

ページトップ

バルトレックス 特徴

ヘルペスウイルスの特徴は皮膚や粘膜に水ぶくれを作ることです。
単純ヘルペスウイルス、水痘、帯状疱疹ウイルスなどがあります。
バルトレックスはこれらの増殖をおさえる抗ウイルス剤です。
治療薬として塗り薬や飲み薬、注射薬があり、症状によってそれらを使い分けます。
バルトレックスはアシクロビルのプロドラッグで、体内に吸収されると抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換されます。
そしてウイルスに感染した細胞に取り込まれると、ウイルスのDNAの複製を阻害します。 バルトレックスは単純ヘルペスウイルスの増殖をおさえる抗ウイルス剤なので、感染後の早い段階で用いると効果があります。 病状の悪化がおさえられ、治癒が早くなるのです。 単純疱疹の場合は5日間、帯状疱疹で7日間、水痘の場合は5〜7日間(小児では5日間)の服用が目安になります。
その期間服用して症状が改善されないときは医師に相談してください。
性器ヘルペスの再発抑制療法の場合は、長期の予防服用が必要になります。

バルトレックス 用法

口唇ヘルペス(単純疱疹)...1回1錠、1日2回服用してください。

性器ヘルペス...1回1錠、1日1回服用してください。HIVに感染している場合は1日2回の服用になります。

帯状疱疹...1回2錠、1日3回服用してください。

水ぼうそう...1回2錠、1日3回服用してください。(成人および体重40kg以上の小児)
持病やアレルギーのある人、現在服用中の薬がある人、妊娠中や、妊娠している可能性がある人だけでなく、 腎臓の悪い人や高齢者など薬の排泄が遅れがちな人には慎重に対応します。

バルトレックス 副作用

副作用はめったにありませんが、下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、めまいや眠気、頭痛などがあります。

バルトレックス 使用上の注意

注意事項としては、服用を途中でやめると再燃する可能性があります。 医師の指示に従い、しっかり治療してください

バルトレックスの口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード