ニゾラール軟膏の個人輸入代行

ニゾラール軟膏

白癬やカンジダのほか、癜風や皮膚真菌症の治療に広く使われます。刺激痛などの副作用も比較的少ないのも特徴。
ニゾラール軟膏
  • ニゾラール軟膏
  • ニゾラール軟膏
クチコミ件数(0レビュー)
製品名 Nizoral cream
製造元 Janssen-Emea
分類 カンジダ症
内容量 20g
関連薬 ヴァギシン膣錠

ページトップ

ニゾラール軟膏 特徴

「ニゾラール軟膏」は、真菌(カビの仲間)に効く抗真菌薬です。
真菌の細胞膜を壊し、殺菌して真菌を死滅させます。その結果、皮膚の発赤やかゆみなどがなくなる薬です。
イミダゾール系の抗真菌薬で高い効果があり、副作用や刺激痛なども少ないため、皮膚真菌症の治療に幅広く使われています。
主な適応症は足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・陰股部白癬(いんきんたむし)・頭部白癬(しらくも)・皮膚カンジダ症・指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)・癜風・脂漏性皮膚炎などです。

ニゾラール軟膏 用法

白癬・皮膚カンジダ症・癜風に対しては1日1回、脂漏性皮膚炎に対しては1日2回を患部に塗布します。
用法・容量は症状によって異なるので、医師の指示を必ず守ってください。指示された期間をきっちり守って続けることが必要です。
自分で判断してやめてしまうと、菌が完全に死滅しない原因となり、再発してしまう可能性もあります。
患部の周囲にも菌がついているので、指示された範囲を擦り込むように塗りましょう。
注意事項として、ただれがひどい患部や傷のある場所には塗らないでください。
また2〜3週間治療をしても症状が改善されない場合は、医師に相談したほうがよいでしょう。

ニゾラール軟膏 副作用

副作用は、軟膏なので少ないほうですが、しみる・ヒリヒリする・熱く感じる・赤くなる・紅斑が出るなどの刺激感や皮膚炎が現れることがあります。
人によってはかぶれることもありますので、赤みやかゆみがひどくなる場合は、早めに医師に相談することが必要です。

ニゾラール軟膏の口コミ(0件)
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 743

Warning: Division by zero in /home/o105/o105.org/public_html/php/pc_page.php on line 746
【平均評価】0

口コミはありません。

日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード