クラビット500mgの個人輸入はo105.biz

クラビット500mg

尿路感染などの細菌感染の治療を行う合成抗菌剤です。細菌以外ではクラミジアや淋病の治療にも用いられます。
クラビット500mg
クラビット500mg
  • クラビット500mg
  • クラビット500mg
クチコミ件数(2レビュー)
製品名 Cravit500mg
製造元 Daiichi-Sankyo(第一三共)
分類 クラミジア / 淋菌性尿道炎
内容量 5錠/箱
関連薬 クラビット250mg
ジェネリック レフロキシン500mg

ページトップ

クラビット500mg 特徴

クラビット500mgは、レボフロキサシンという成分で出来ている経口抗菌製剤です。細菌が原因の感染症治療に使われます。
細菌以外では、クラミジアという微生物にも有効です
一般名をレボフロキサシンといい、商品名がクラビットと名付けられています。
この薬はニューキノロン系です。

旧来の抗菌薬に比べて抗菌力が強く、服薬では難しかった難治性の感染症にも効果があります。
副作用も少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがある人でも使用できる抗菌薬です。
皮膚感染症・呼吸器感染症・泌尿器感染症・婦人科感染症・眼科感染症・耳鼻科感染症・歯科感染症などの幅広い感染症の治療のほか、 クラミジアの治療にも使われています。

適応症は外傷・熱傷・手術創の二次感染・リンパ管炎・リンパ節炎・外耳炎・顎炎・感染性腸炎・子宮頚管炎・子宮内感染・子宮付属器炎・ 歯冠周囲炎・歯周組織炎・腎盂腎炎・精巣上体・前立腺炎などです。慢性症として炭疽、胆管炎、胆嚢炎、中耳炎、腸チフス、尿道炎・麦粒腫・ 副鼻腔炎副睾丸炎・野兎病・涙嚢炎・瞼板腺炎・膀胱炎、急性症として前立腺炎の治療にも使用されています。

クラビット500mg 用法

●18歳以上
1日に250mg〜500mg(クラビット500mgを1/2錠〜1錠)を水で服用します。
※クラビット500mg錠の服用は、1日1錠までとすること。

疾患や症状に応じて適宜減量されるので、医師の指示に従うことが必要です

クラビット500mg 副作用

副作用は少ないほうですが、めまいや吐き気、不眠が現れることがあります。また発疹が出たり下痢が続いたりすることもあります。
症状がひどい場合は早めに受診してください。
そのほか日光に当たった部分が赤くなったり、水ぶくれができたりすることもありますので、皮膚の弱い人は直射日光に注意すると良いでしょう。

クラビット500mg 使用上の注意

注意事項として、この薬に対してアレルギー症状(かゆみ・発疹など)のある人や、肝機能障害・不整脈・心疾患・痙攣性疾患のある人、 妊娠または授乳中の人、他の薬を服用中の人は医師に相談してください。
小さい子供にも普通は用いません。

クラビット500mgの口コミ(2件)【平均評価】4.5

評価:★★★★★

常に多めに常備☆ミ
前、お正月に風邪になったとき病院にも行けずに辛かったのでその教訓です(笑)by シビラさん

評価:★★★★☆

定番だし安定して安心して服用できる。風邪や炎症が起きた時には必ず飲むし病院で処方してもらう時間も大変。。。病院いってもっときつい病気もらうのも怖いしね〜…。by smileさん
◆ 口コミをもっと見る ◆
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード