クラビット250mgの個人輸入はo105.biz

クラビット250mg

膀胱炎に多く用いられる大変ポピュラーなお薬で、主に細菌感染の治療を行う合成抗菌剤です。細菌以外ではクラミジアにも有用です。
クラビット250mg
  • クラビット250mg
  • クラビット250mg
クチコミ件数(3レビュー)
製品名 Cravit250mg
製造元 Daiichi-Sankyo(第一三共)
分類 クラミジア / 淋菌性尿道炎
内容量 5錠/箱
関連薬 クラビット500mg
ジェネリック レフロキシン500mg

ページトップ

クラビット250mg 特徴

クラビットは、成分がレボフロキサシン水和物になります。
細菌を殺菌する抗生剤になります。抗生剤の区分はニューキノロン系になります。

抗菌力が強くいろいろな細菌に有効で、難治性の感染症にも効果があります。
適応病名は、表在性皮膚感染症・リンパ節炎・慢性膿皮症・熱傷や手術後の二次感染の予防・咽頭炎・中耳炎・麦粒腫・前立腺炎・ 子宮内感染・急性気管支炎・膀胱炎・副鼻腔炎などさまざまな病気に有効です。

クラビット250mgはクラミジアや膀胱炎の薬として最もポピュラーなお薬で、副作用が少ない部類に当たる薬剤になります。

クラビット250mg 用法

●18歳以上

通常フロキサシンとして1回500mgを投与するので、クラビット250mgなら1回に2錠の投与になります。
腸チフス・パラチフスの場合は、レボフロキサシンとして1回500mg(250mg1回に2錠)を1日1回14日分投与します。
なお症状・疾患によって増減します
※クラビット250mg錠の服用は、1日2錠まで

クラビット250mg 副作用

副作用は少ないお薬ですがまれにおこることがあります。
発疹や下痢がおこったり、日光にあたって皮膚が発赤・みずぶくれなどができると光線過敏症の疑いがあります。
冷や汗・手足のしびれ・じんまじんの症状があらわれたらアナフラキシーショックの可能性があります。
その他にはめまい・不眠・急性腎不全・劇症肝炎・白血球減少どの副作用がまれにおこる可能性があります。

クラビット250mg 使用上のご注意

高度腎臓障害のある患者やてんかん・痙攣性疾患の既往歴がある患者・キノロン系抗菌薬に関して 過敏症の既往歴がある患者・重篤な心疾患の患者・重症筋無力症の患者・高齢者などは慎重投与する必要があります。

クラビット250mgの口コミ(3件)【平均評価】4.7

評価:★★★★☆

海外なので届くまでは少しかかるが範疇内。

のどの痛みには欠かせません。by しぶみさん

評価:★★★★★

抵抗力が弱いのかしょっちゅう病院にいくのに疲れたので探してみたら、あるんですね!通販できるんだ!

鞄に必ず入れてます!安心できる!by さとちゃんさん

評価:★★★★★

日本の病院でももらえるけん安心して使える。すぐに喉の症をおこすから常備してます。助かります。by サーヤさん
◆ 口コミをもっと見る ◆
日本語対応サポートセンター
日本語対応サポートセンター日本語対応サポートセンター
スマホ・モバイル対応サイト
QRコード